猫の歯周病を予防するための方法を解説!

Pocket

SPONSORED LINK
シロ
シロ

最近、口内環境が大事とかペットの歯周病が怖いと聞くけど、なぜ猫も歯周病の予防が必要なの?

この記事ではそんな疑問に答えます。

猫の歯周病を予防するための方法を解説!

 

img src=”puppy.jpg” alt=”猫の歯周病予防”




ねこっこ(管理人)
ねこっこ(管理人)

猫の歯のお手入れは、忘れがちですが、実は、全く手入れをしないでいると3歳ごろには歯のトラブルが出てきます。

猫の歯周病とは

「歯周病」は猫がなりやすい病気の一つです。

歯石などが原因で歯周病になる場合と、他の病気が原因の場合があります。

 

ねこっこ(管理人)
ねこっこ(管理人)

そういえば、前に慢性腎不全でなくなった猫は病気に気が付く前から口臭がきつくなりました・・・やはり、病気と口内環境は密接につながっているんですね。

歯周病のなりはじめは、口臭がきつくなり、よだれを流すようになります。

そうなると食欲にも影響がでてきてしまいます。

歯の付け根が黄色くなっている場合も要注意、歯周病がひどくなると歯が抜け落ちてしまうこともあります。

ねこっこ(管理人)
ねこっこ(管理人)

歯周病になる経過は人間とまったく同じです。

歯石が付く➡歯肉炎になって歯茎が腫れる➡歯周病になる(膿がたまる)➡歯がぐらつき始める➡歯が抜ける

人間も口内環境が病気につながると最近話題になっていましたよね。

 

猫の歯石をとるにはどうしたらいいの?

歯石は、2~3歳ごろからつきはじめます。

定期的に歯を磨く習慣のある猫は歯石がつきにくいですが、やはり1年もすれば歯石はついてきてしまいます。

ねこっこ(管理人)
ねこっこ(管理人)

特にウエットフードが好きな猫は歯石が付きやすいよ。

がっちりついてしまった猫の歯石を飼い主がとるのは至難の業。

 

ねこっこ(管理人)
ねこっこ(管理人)

人間だって、歯石は自分でとれないもんね・・・

素人の飼い主が歯石をとるのは、猫の口内を傷つけてしまうことがあるので、必ず病院で獣医師にお願いしましょう。

 

猫が歯周病にならないための予防方法

ねこっこ(管理人)
ねこっこ(管理人)

飼い主ができること。

それは、猫が歯周病になってしまう前に、「予防すること」です。

歯磨きをする

まずは基本の歯磨きです。

週に一、二回、歯石や口臭のチェックをしながら歯磨きしましょう。

猫の歯磨きで用意するもの

ガーゼ・猫専用の歯磨きペースト・猫用歯ブラシの3点を用意。

created by Rinker
¥641(2020/08/09 03:45:38時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥435(2020/08/09 10:47:44時点 楽天市場調べ-詳細)

猫の歯磨き方法

猫の頭をやさしく押さえ、口を開きます。

ねこっこ(管理人)
ねこっこ(管理人)

健康的な歯茎はピンク色をしているよ。

 

歯磨きに慣れていないうちは、ガーゼを濡らしてみがきます。

人差し指にガーゼを巻き、猫用歯磨きぺーストをつけて奥歯から磨きましょう。

歯茎側から歯の先にむけてぬぐうように取ります。

 

ねこっこ(管理人)
ねこっこ(管理人)

湿ったガーゼだけでも十分歯垢がとれますよ。

猫が歯磨きに慣れてきたら、猫用歯ブラシできれいににブラッシングをします。

広い面はガーゼで、細かい部分は猫用歯ブラシで磨くと素早く綺麗になりますよ。

口腔・歯周ケアができるブリス菌(善玉菌)

ねこっこ(管理人)
ねこっこ(管理人)

歯磨きと併用して、餌にかけるだけで、口腔、歯周ケアができる「ブリス菌」食品で予防しましょう。

今は、歯磨き以外で口腔・歯周ケアができる商品が続々を開発されています。

その中でも「ブリス菌(善玉菌)」は話題です。

ブリス菌とは

ブリス菌とは、ニュージーランドのオタゴ大学ジョン・タゴ教授によって、虫歯になりづらい人の口の中で発見された口内の善玉菌で、人間だけでなく猫や犬などのペットにも有効な菌です。

ねこっこ(管理人)
ねこっこ(管理人)

このブリス菌で歯周病も予防できるんです。

いつもの好きなキャットフードにかけるだけで、ブリス菌が取れるラブリービーは人気があります。

公式ページネコちゃんの食事に混ぜるだけで口腔&腸内ケア【ラブリービー】

ねこっこ(管理人)
ねこっこ(管理人)

でも、猫に食べさせるものは安全性が心配なんだけど・・・

ねこ先生
ねこ先生

このラブリービーは、現役の歯科医師監修で作られているから安心だよ。

安心ポイント

  • 歯科医師が完全監修で安心
  • 自然由来の無添加成分のみにこだわり安心
  • GMP認定の国産工場で製造しているので安心

 

ラブリービーは毎日のご飯に混ぜるだけで猫の(犬も)口腔・腸内ケアができます。

ブリス菌(善玉菌)には歯垢や汚れを取り除き、歯周トラブルを防いでくれる効果があり、さらに 乳酸菌やオリゴ糖も配合されているので、腸も整え、口臭ケアまでできるんです。

 

ネコちゃんの食事に混ぜるだけで口腔&腸内ケア【ラブリービー】

ねこっこ(管理人)
ねこっこ(管理人)

Twitterでもこんな口コミを見つけました。

ねこっこ(管理人)
ねこっこ(管理人)

通っている病院の先生にも「良い商品」とお墨付きをもらえたんですね。

最近は、人間の歯医者も虫歯の治療だけでなく、予防歯科に力を入れている歯医者が多いですよね。

口内環境は、健康、病気に直結していることがわかり、予防がますます重要になってきました。

人間も猫も同じ。

しかし、猫を守れるのは私たち飼い主だけですから、歯周病の予防をして、少しでも長く一緒に居られるようにしたいですね。

 

ネコちゃんの食事に混ぜるだけで口腔&腸内ケア【ラブリービー】